top
Image Gallery
Takahashi reflector Schmidt Camera CCD Image Planets Comets Lab Color 星夜写真 星夜写真 New Images
Equipment Films Telescope Observatory Author Links
 

Labカラー画像
このページはLabカラー合成した画像を紹介するページです。

M106(おおぐま座の銀河)

        ε-300にE-200で撮影したポジフィルムをカラー画像として使用し、
     ε-250にST-8で撮影した画像をL画像として合成処理をしました。


網状星雲(はくちょう座の超新星残骸星雲)

        ε-300にE-200で撮影したポジフィルムをカラー画像として使用し、
     ε-250にST-8で撮影した画像(4フレームをモザイク合成)をL画像として合成処理をしました。


 L*a*b カラーモデルは、1931 年にカラーの計測規格を確立した国際機関、 Commission International d'Eclairage(CIE)が開発したカラーモデルです。 このモデルは 1976 年にさらに改訂が加えられ、CIE L*a*b と呼ばれるようになりました。  L*a*b カラーは、画像の作成や出力に使用するモニタやプリンタ、コンピュータ、スキャナ などの出力機器には関係なく、常に一定のカラーを再現するようにデザインされています。  L*a*b カラーは輝度または明度の構成要素(L)、緑から赤の範囲の a の構成要素 および青からイエローの範囲の b の構成要素の 2 つの色彩構成要素で形成されています。

星ドロボウ

E-mail
 
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー